POWER PUSH PARTS ピックアップパーツ

完全自動加速タイム測定をはじめ、多機能を1つにまとめたスーパーマルチDNメーターに汎用性に優れたH1ステー、小型セパレートユニットが付属したキットです。

商品詳細

スーパーマルチDNメーターH1ステー付きキット

スーパーマルチDNメーターH1ステー付きキット

税抜価格 34,500 円
対応車種 DC12V車用
品番 05-05-0811

適合詳細・ご購入はこちらから

スーパーマルチDNメーターH1ステー付きキット

詳細

大型の指針式タコメーターと多機能モニターをコンパクトにまとめたスーパーマルチDNメーター。
様々な点火方式に対応したRPM読み込み回路に耐久性と正確性に優れたDNモーター駆動のタコメーター、設置位置の自由度が高いセパレート式の速度センサー、ミッション車とスクーター双方への親和性を考慮したデザイン、電圧の乱れや過電圧に対する耐久性の高い電源回路など、各部に高い汎用性を追求したマルチメーターです。
過電圧からメーターを守る保護用ミニレギュレーターが付属

スーパーマルチDNメーターH1ステー付きキット 小型セパレートユニット

スーパーマルチDNメーター詳細

スピードメーター:最高表示180km/h
電気式タコメーター:0〜15000rpm

回転警告灯
指定回転数に達すると「レッド」インジケーターが点灯します。
又、「イエロー」インジケーターが点灯し予備警告します。
指定範囲(100rpm単位):4000〜19900rpm

オドメーター:〜99999km
トリップメーター:〜999.9km消去可能

自動記録
最高速度・最大電圧・最高回転数・最高温度
最高速度測定
最高速度と共にその到達にかかったタイムと距離を記録します。
目標速度タイム測定
任意のスタート速度から任意のゴール速度に達するまでのタイムを測定 指定範囲(5km/h単位)
スタート速度:0〜95km/h
ゴール速度:5〜360km/h
距離到達タイム測定
停車状態から任意の距離に達するまでのタイムを測定。
目標距離設定範囲(10m単位):10m〜1000m

温度計:0〜120℃
時計:24時間表示

インジケーター各種
ターンシグナル・ニュートラル・ハイビーム
警告灯
温度警告灯設定範囲(1℃単位)50〜120℃
速度警告灯
指定速度に達すると点灯します。
指定範囲(5km単位)30〜360km/h

スーパーマルチDNメーターH1ステー付きキット 専用ステー付属

小型セパレートユニットと汎用ステー

セパレートユニットのコンパクト化により、僅かなスペースにも取付けすることが出来る為、カウル付きの車両や改造スクーターなど、数多くの車両に取付けが可能になります。
コード長:約250mm
又、専用ステーが2種類付属し、セパレートユニットの取付け角度や固定方法の汎用性を高めています。

H1ステーセットはお客様で取り付け場所、固定方法を考え使用して頂く汎用ステーです。ハンドルクランプ等にメーターを固定する事が出来ます。
メーター固定部にはラバーマウントを採用。

注意事項

スピードメーターケーブルが正しく作動する位置に取付ける必要があります。
スパークプラグは必ずレジスタータイプをご使用下さい。
外品バッテリーレスキット使用不可。必ず状態の良いバッテリーを使用して下さい。 
ガソリン計はスクーターなど、車両に残量センサーの付いているバイクでのみ使用出来ます。
弊社製品以外の点火系製品、発電系製品と組み合わせて使用しないで下さい。

スーパーマルチDNメーターについて

スーパーマルチDNメーターのタコメーターについて
3項目の"RPM信号設定"をメーター本体に装備し、CDI点火方式、DC-CDI点火方式、フルトランジスタ点火方式車においてのイグニッションコイルからの信号読み込み、フライホイールからのピックアップ信号読み込みの能力を取得。
ミニバイクから大型バイクまでタコメーターの不適合情報を無くす事に成功しました('12 10月現在)
ポイント点火方式には非対応

C.D.I.点火方式
バッテリーレス車や小排気量キャブレター車に多く、ステーターに点火用コイルがあり、その電力をC.D.I.に蓄電し点火を行う方式です。

DC-C.D.I.点火方式
高年式の小排気量キャブレター車や中型クラス以上のキャブレター車に多く、バッテリー電力を昇圧回路で高電圧化し、点火を行う方式です。通称バッテリー点火。

フルトランジスタ点火方式
インジェクション車や中型クラス以上のキャブレター車に多く、イグニッションコイルへのバッテリー電力の通電をトランジスタが制御し、点火を行う方式です。

ピックアップ信号
フライホイールからC.D.I.やECUへエンジンの回転角度を伝達する為の信号で、点火装置改造の悪影響が少ない読み込み方法です。多くのC.D.I.やDC-C.D.I.は1個、フルトランジスタは複数個の突起がフライホイールあります。
ほぼすべての市販車をカバー出来る24信号/1回転まで対応しています(不等間隔対応)
ヤマハ車はピックアップ信号電圧が弱く読め込めない場合がありますが、他の方法で読み込み出来ます。

スーパーマルチDNメーターのスピードメーターについて
付属のJISケーブル式速度センサーはその名の通りJIS規格のケーブル対応設計です。ほぼすべての国内メーカー車両はJIS規格ケーブルを採用しているので、そのまま簡単に接続する事が出来ます。
デジタル式なので幅広い補正機能はもちろん、ケーブル回転方向が通常と反対(左周り)にも対応しており、ホイールのサイズ変更やメーターギアBOXの逆回転使いなど、様々なカスタムバイクにおいて便利にご利用頂けます。メーターギアBOXの無い車両では、別売の金属反応式速度センサーをご使用下さい。
ノーマルからデジタル式を採用しているバイクの速度センサーをそのまま本製品に接続し使用する事は、可能な場合と不可能な場合があります。
お問合せ頂きましても、弊社はこの件に関する適合情報をほとんど把握しておらず、弊社確認車両以外に関してはご回答を控えさせて頂く場合があります。

スーパーマルチDNメーターの温度計について
弊社オリジナル“φ3スティック温度センサー”と水冷バイクにおいて純正パーツの多くに採用されている“PT1/8温度センサー”の2種類を付属。
バイクに合わせて別途弊社製ボアアップシリンダーやドレンボルトアダプター類をご用意下さい。

インジケーターランプについて
プラス電圧接続で点灯するインジケーターランプ(ターン左右、ハイビーム)は、その配線に加わる電圧を信号として認識して点灯します。過電圧保護設計の都合上、信号電圧が弱くても強くても、安定
した輝度で点灯する構造になっています。
LED用ウインカーリレーは、デジタル回路駆動の為に点滅中は常にバルブに電流を送り続ける物が多く、本製品と組合わせた場合、ウインカー点滅中は常に電圧を認識し、メーター内のターンインジケーターも点灯したままとなります。故障ではありませんので、点灯したままになる事をあらかじめご了承下さい。

警告灯A/Bはプラス電圧、アース接続のどちらでも点灯する構造になっており、様々な目的でご使用頂けます。
2ストローク車のオイルセンサーは12V接続、アース接続の2種類がありますが、本製品はどちらでも対応出来ます。
インジェクション車の電球のFI警告灯については、アース接続が良く使われており、本製品での置換えが可能です。
LEDの警告灯は点灯回路や制御電圧が専用設計で特殊な場合、置換え出来ない可能性があります。

説明書はこちら

05-05-0805の説明書
pdfダウンロード

旧タイプ09-01-0801の説明書
pdfダウンロード

旧タイプ05-05-0902の説明書A
pdfダウンロード

旧タイプ05-05-0902の説明書B(パワートライシステム)
pdfダウンロード

↑To top