POWER PUSH PARTS 強化クランクシャフト

スーパーヘッド4V+Rシリンダーヘッドを採用したキットパーツです。
106cc  X断面形状コンロッド採用2点支持クランクシャフト
:ボア径52mm :ストローク量50mm :圧縮比12.5:1
付属カムシャフト:10/15D

商品詳細

スーパーヘッド4V+R 106ccキット(2点支持クランクシャフト)

スーパーヘッド4V+R 106ccキット(2点支持クランクシ...

税抜価格 165,000 円
対応車種 モンキー・ゴリラ・CRF50F/CRF70F
:12Vモンキー・ゴリラ(Z50J-2000001〜/AB27-1000001〜1899999)
:CRF50F(AE03-1400001〜)
:XR50R (AE03-1000001〜)
:CRF70F(DE02-1700001〜)
:XR70R(DE02-1300001〜)
品番 01-06-0036

適合詳細・ご購入はこちらから

スーパーヘッド4V+R 106ccキット(2点支持クランクシャフト) スーパーヘッド4V+R

スーパーヘッド4V+R(1カム4バルブ)の特徴

弊社製スーパーヘッド+Rの大口径2バルブに比べ、インテークバルブとエキゾーストバルブを各2本づつにすることで、バルブカーテン面積を更に拡大することが出来、大口径2バルブ以上に吸排気効率を高める事を可能としました。又、4バルブ化に伴う、センタープラグ化、バルブ挟み角、燃焼室形状、ポート形状のバランスを図り設計されたヘッド形状の為、高出力化を可能とし、スーパーヘッドの最大の特徴でもある高回転域での持続性のある出力特性を実現しています。
1カム4バルブを採用することで可能な限り、軽量とコンパクト化を行うことが出来、同時にSOHCヘッド最強ヘッドとしての性能を凝縮しました。

新形状スーパーヘッド4バルブ+R本体
丸みのあるシリンダーヘッド形状はモンキースタイルによく似合い、車両のカスタムイメージを高めることが出来ます。
又、バレル研磨が施されたダイカスト製の各ヘッドカバーがシリンダーヘッドを美しく演出します。

バルブの特徴
バルブ径 インテーク:21.5mm×2/エキゾースト:18.5mm×2
バルブステムシャフト径:インテーク、エキゾースト共に4.0mm
バルブスプリング
不等ピッチを採用することで高回転時のサージングを防止します。

IN/EXポートの特徴
ポート径は弊社製3次元形状マニホールドに合わせ、最適なポート径を採用しています。又、3次元形状マニホールドと同時装着することでキャブレターから燃焼室まで抵抗無くスムーズな吸入効果を可能とし、シリンダーヘッドの性能を最大限に引出すことが出来ます。

ローラーロッカーアームの採用
ローラーロッカーアームを採用することで、スーパーヘッド+Rの出力性能を最大限に引出し、中高速域の出力アップとローラーロッカーアームの特徴でもある高回転域での出力維持を可能としました。ローラーロッカーアームはスリッパー式ロッカーアーム(純正部品タイプ)に起こるカムシャフトとの摩擦抵抗を低減
させ、ロッカーアーム内蔵のローラーベアリングにより、低回転から高回転までスムーズにカムプロファイルを追従します。

M8スパークプラグ
4バルブ化による最適なバルブ挟み角とヘッドのコンパクト化に伴い、M8スパークプラグを採用。

スーパーヘッド4V+R 106ccキット(2点支持クランクシャフト) ローラーロッカーアーム

中空カムシャフト(オートデコンプレッション機構)

カムシャフトは両端ボールベアリング支持を採用し、カムシャフトジャーナル部の摩擦抵抗を低減します。付属カムシャフト以外にオプショナルカムシャフトが設定されている為、使用用途に合わせて交換し、走行性能を楽しむことが出来ます。
付属カムシャフト:10/15D
オートデコンプレッション機構
エンジン始動時のキックスタートの力とミッションにかかる負担を軽減し、大排気量であってもスムーズにエンジン始動が行えます。

スーパーヘッド4V+R 106ccキット(2点支持クランクシャフト) Hシリンダー

シリンダー/ピストン

Hシリンダー ボア径52mm
アルミ製鉄スリーブシリンダーを採用。シリンダーには温度センサー取付け部を標準装備。弊社製サーモメーター内蔵メーター、又はサーモメーターをご購入頂くことでシリンダー温度を計測することが出来ます。
106cc Hシリンダー用:M5温度センサー

ピストン
鋳造ピストンを採用し、ピストンスカート部には初期馴染みを良好にする為、モリブデンコートが施されています。

スーパーヘッド4V+R 106ccキット(2点支持クランクシャフト) X断面形状コンロッド採用

強化クランクシャフト(2点支持クランクシャフト)

X断面形状コンロッド採用
鍛造材を削り出し、X断面形状を採用。軽量化と共に充分な強度を確保し、座屈応力の拡散とネジれ剛性が大幅に向上します。表面はショット仕上げ。

ジャーナル部の強化
クランクシャフトのジャーナルベアリングの内径を大きくした特殊ベアリングを採用。
これにより、クランクシャフトへの応力が集中するジャーナル部のシャフト径を20mmから22mmにサイズアップすることが可能になり、シャフトの強度アップを図っています。

グラフデータはこちら

pdfダウンロード

製品案内pdfダウンロードはこちら(2019年8月現在のデータです)

pdfダウンロード

↑To top